若井カッター
 道路・歩道の安全・快適を目指す・・・
トップページへ戻りますトップ グルービング コンクリートS カッター・コア ワイヤS お問合せ
切削 静的破壊装置 U字溝工事 円形カッター サンドブレスト・SREM
ウォールS 汚泥処理機 鉄筋探査 エックス線検査
保有資格 会社概要

乾式グルービング
Gトップ パターン 低騒音 施工実績
パターン 環境への優しさがテーマです
縦型安全溝と横型安全溝があり、用途に合わせて様々なパターンがあります。特徴と基本パターン例をご紹介いたします。

縦型安全溝
縦型の溝は、力一ブ、斜面、横風をうけやすい直線道路、陸橋などに適しています。力一ブなどではタイヤのグリップカを高めコーナリング時の操縦を安定化。直線遣路では横風への抵抗カをもたせてスリップ事故を防止します。
特長
●タイヤが溝に食い込む際の機械的作用により、力一ブ芯などでコーナリング時の操縦安定性を向上させます。

●高速道路ほどで雨天時にタイヤと路面の接地面積を減らしスリップ事故の原因になる水膜を除去します。

●橋上など横風にあおられやすい路面で操縦を安定化します。

●急ブレーキ使用時、接地力を高め直進安定性を向上させます。

●凍結路面の氷膜を分断し、路面上の氷雪を排除します。

●雨天時の路面排水を促進し、すみやかに乾燥させます。

タイプ
■用途
歩行者道、遊歩道、プールサイド、サイクリングロード、工場内通路、魚青果市場、駐車場、ガソリンスタンド等の安全対策に適しています。

タイプ
■用途
スリップ事故防止箇所に設置します。低騒昔なので居住地に隣接した路面、交通量の少ない道路などに最適です。

タイプ
■用途
現在最も普及してし、るパターンです。力一プ対策、スリップ事故防止、□一リング対策に有効で、凍結抑制にはとくに高い効果を発揮します。

横型安全溝
横溝は走行時にタイヤから伝わる昔と振動により、道路では居眠り運転の防止、減速を促す際の警告などに実施。交差点・横断歩道・料金所などの手前に施工した場合、雨天時の濡れた路面で制動距離を短縮することができます。
特長
●濡れた路面を時遠50Kmで走行した際、制動距離を30%〜40%短縮。高いすべり抵抗性を確保できます。

●雨天時、すみやかに路面を乾燥させ排水を促進します。

●路面上の油膜や溶けたゴムなどを除去し、急ブレーキ使用時にタイヤの接地力を強化します。

●凍結した路面の氷膜を溝で分断し、氷雪を排除します。

●タイヤから伝わる昔と振動で居眠り運転防止に効果的です。

●用途に応じ、横型・縦型を組み合わせた安全溝が施工可能。

タイプ
■用途
横断方向への設置は主に制動効果を高める目的が主ですが、居住区に隣接する際には騒音・振動に配慮した施工も可能です。
※制動効果のあるパターン/最小幅は9mm。

タイプ
■用途
このパターンは、排水溝としての用途と制動距離の短縮、居眠り防止対策に効果があります。

タイプ
■用途
速度超過防止対策、暴走族(□一リング)対策、居眠り防止等に適しています。