若井カッター
 道路・歩道の安全・快適を目指す・・・
トップページへ戻りますトップ グルービング コンクリートS カッター・コア ワイヤS お問合せ
切削 静的破壊装置 U字溝工事 円形カッター サンドブレスト・SREM
ウォールS 汚泥処理機 鉄筋探査 エックス線検査
保有資格 会社概要

乾式グルービング
Gトップ パターン 低騒音 施工実績
環境への優しさがテーマです【NETIS登録No.KT−050056】
グルービング工法とは
グルービング(安全溝)工法は、一般道路・高速道路などでスリップ事故を未然に防ぐためアメリカで考案された安全技術です。

路面に溝を切り込むことで、
路面排水のアップ、ハイド□プレーニングの防止、路面の凍結防止、制動距離の短縮化など優れたメリットを発揮します。

近年国内においても一般道や高速道、空港滑走路などで急速に普及が進み、力一ブでは操縦安定化、直線道路や滑走路などでは雨天時の横スベリ防止、交差点手前では制動距離の短縮化など、多様な現場で採用され事故件数の減少に貢献しています。

路面の場所や環境、予想される事故の種類に応じて、溝の幅・深さ・問隔などの
組み合わせが自在なので、多様なパターンで事故防止対策が図れます。
カーブ急勾配=グリップ力向上
直線道路=居眠り防止
高速道路=水はけ向上 横断歩道手前=制動距離短縮化
市街地=低騒音も可能 料金所手前=音と振動で減速を促す
滑走路=ハイドロブレーニング防止等 トンネルの出入口=横風でも安定性

縦型安全溝とタイヤとの関係 安全溝とタイヤトレッドの関係
横型安全溝 縦型安全溝
タイヤが安全溝にくい込むことでグリップ力が増します。 タイヤの圧力によって、表面水が安全溝に沿って排水されます。