若井カッター
 道路・歩道の安全・快適を目指す・・・
トップページへ戻りますトップ グルービング コンクリートS カッター・コア ワイヤS お問合せ
切削 静的破壊装置 U字溝工事 円形カッター サンドブレスト・SREM
ウォールS 汚泥処理機 鉄筋探査 エックス線検査
保有資格 会社概要
カッター・コア 、 乾式カッター

アスファルト・コンクリートカッター
現代においては、環境対策を抜きには優れた技術も役に立ちません。若井カッターでは低騒音の認定を受けた機械を採用、周辺の方々への影響を最小限にしております。
また、工事内容もよりクリーンなものを常に目指しております。

カッター工事のもよう
ロードカット・床版撤去
最大切断深さ 50cm
若井カッターは、街中の工事でも近隣住民への迷惑を最小限にする「低騒音型仕様」のカッターを採用しております。

コアボーリング工法
アスファルトやコンクリートを円形に深く切り中身を取り出します。
最大径は800Φです

乾式カッター


サイクロン&円筒フィルター
待望のコンクリートカッター 水タンクなしでカッティング
《乾式カッターの特徴》
  • 乾式でアスファルト舗装15cmの深さまで切断可能になりました。
  • 汚泥が出ませんので、現場周辺を汚すことがありません。また、最終的な汚泥処理の心配もなくなりました。
  • 作業者も例えぱスニーカーで仕事が出来ます。
  • 水タンクもホースも洗浄機も不要です。
  • 切断時におけるホースの取りまわし、トラックを移動する手間も省けます。
  • 1トン車程度の小型トラックで現場対応可能となる「まさに夢のコンクリートカッター」です。
  • 専用ダイヤモンドブレードは新型チップにより切味を高め、胴部保護チップにより胴ずれを解消し、焼損を大幅に低減しました。
《使用時の注意》
  • アスファルト舗装15cmまでしか切断できません。
  • 湿式に比ベカッティングスピードが劣ります。
  • ブレードの焼損に注意が必要ですから連続作業には限界があります。
  • 切削切粉を回収する手問がかかります。
  • 雨天時には、切粉の回収が出来ないため切断作業が出来ません。

エンジン  ダイハツ952t
最大馬カ     30hp/3600rpm
ブレード径 18''
最大切断深さ 15cm
集塵方式 サイクロン 円筒フィルター式
全長 1370mm
全幅 853mm
全高 1305mm
重量 約480kg


ダイヤモンドブレードは基板に胴部保護チップを配し、胴ずれを防止しました。